「子供にツケをまわさない」

自由経済は、当事者の納得の上に成り立ちます。

1.自由経済は健全な財政運営を求めます。

税の負担とその利用には納税者の納得が必要です。子供達が払う「将来の税金」をあてにする財政運営は、子供達の税に関する納得の機会を奪います。借入や国債を発行することは、「子供にツケをまわした」ことになります。

2.自由経済は環境の継承を求めます。

環境は、世代間で引継いでいく資産です。環境破壊は、子供達の納得なしに行われます。私たちが引継いだ状態よりも環境破壊が進んでいれば、「子供にツケをまわした」ことになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: